息の長い活動をしていきます。

しばらく更新できずにいましたが、いたばし災害支援ネットワーク(ISSN)の支援活動は途切れることなく継続されています。

活動内容は、被災地・陸前高田市への支援と、板橋区内に避難されてきている被災者への支援の2本柱です。
現在、被災地支援は、仮設住宅でのサロン活動(健康増進のための活動や手作りの会の活動)や、仮設住宅内の棚作り活動をしています。
区内での活動は、被災者同士の交流の場として、定期的に茶話会と食事会を開催しています。

昨日はISSNの報告会、今日は区内に避難されてきている被災者の方々との食事会でした。

報告会でも食事会でも、被災された方々の生のお話を聞きました。
陸前高田市の仮設住宅で暮らしつつ、ISSNのスタッフとして、仮設住宅での支援活動コーディネーターとして活動してくれている方や、福島原発の避難区域から板橋区内に避難されてきている方からの話しです。
本当にその大変さははかり知れないものがあります。
涙ながらに話してくださいました。

被災していない者にとってはあれからもう一年が経とうとし、徐々に“過去のこと”になりつつある中、被災された人々にとっては、“あの日”から全てが変わってしまい、今も尚苦悩の日々は続いているのです。

もちろん、暗いだけの日々ではなく、笑顔も見られます。
前向きに頑張っていこうという気持ちと、人々の優しさに感謝する日々だそうです。
それでも、この先のことを考えたり、“あの日・3月11日”が近づいてきた今、また当時のことが蘇り、気持ちがあの時に戻ってきている面もあるそうです。
夢中に避難していた時よりも、今のほうが精神的な悩みが多くなってきたとおっしゃっていました。

津波で家を失った方の「周りに人はいて会話もしているのだけれど、まるで時間が止まったような、何もなくなった状態に私たちは今おかれている、という感じだった。」という話がとてもリアルで、その虚無感というか、何とも表現できないような気持ちが、同じ部屋の空気から感覚的に伝わってき、もちろん私は想像することしかできませんが、そんな経験をした人々が同じ日本に大勢いるのだと思うと、できる限り目をそらさずに想像し続け、少しでもそういった方々の気持ちに寄り添い、自分にできることを継続していこう、それしかできないのだから、せめてそれをしていこう、と思いました。

一方、原発で避難を余儀なくされた方の「津波だけのところはまだ復興が見えるけれど、原発のところは復興が見えないんです。」という言葉も深く胸に残りました。
それが、自然災害で失うものと、人間が作ったものにより奪われたものの違いなのかもしれない、と思いました。

ある日突然、何も詳しいことを聞かされないまま、防護服を着た人たちに「今すぐ避難してください。」と言われ、着の身着のままの格好の自分に、がっちりと防護服を来た人が機械をあてて検査、本当に何事かと思ったそうです。
その日から避難避難の生活で、今は知らない人ばかりの土地での借り暮らしを強いられている現実。
今はそれぞればらばらの場所に住んでいる元ご近所の人たちと「○○ちゃん家で皆でお茶を飲んでた頃が一番の極楽だったねぇ。」と話したそうです。

このような日々を送っている方々のためにほんの少しでもお役に立てたと感じられた時、“あぁ、活動してきてよかったな”と心から思います。
こういった活動は、山あり、谷あり…時には意見がぶつかることもあります。
災害当初は盛り上がっていた雰囲気が、徐々に一人減り、二人減り…そんな中残った者たちは、目的が同じという部分でつながっていたのでしょう。そして、苦しみを共にした者たちは仲間となり、絆も深まっていきます。

この一年で、一時的な熱い思いで派手なことをバーン!とやるような活動のほうが実は簡単で、ちろちろフツフツとした思いを絶やさずに持ち続け、地道な活動を継続していくことの大変さと大切さを学びました。

ISSNはこれからも被災者に寄り添った形で支援を続けていきます。
私も自分にできることをできる限り、続けていきたいと思います

雑貨セレクトショップ mederu オーナーより
[PR]

# by mederu888 | 2012-02-26 23:52

いたばし災害支援シンポジウム

11月13日(日)に開催される『第1回いたばし災害支援シンポジウム』の情報を載せます。

参加申し込みの締切日は11/7(月)になっていますが、お弁当を注文されない場合は過ぎてからでも大丈夫だそうです。

歴史と実績のある『第21回いたばし地域福祉シンポジウム』との共同開催となります。

様々な視点から”課題と提言”を行なうシンポジウムです。
いたばしの福祉や災害支援に関心のある方はどうぞご参加ください。
b0213409_10592081.jpg
b0213409_10594092.jpg


雑貨セレクトショップ mederu オーナーより
[PR]

# by mederu888 | 2011-11-07 11:02

募金箱の集計報告 他

mederuに設置しております募金箱の集計報告をお店のブログのほうに掲載しました。
http://mederublog.exblog.jp/16815668/

『2011夏 キャンドルナイトinいたばし』の追加情報についてお店のブログのほうに掲載しました。
http://mederublog.exblog.jp/16811825/

雑貨セレクトショップ mederu オーナーより
[PR]

# by mederu888 | 2011-09-05 19:27

『2011夏 キャンドルナイトinいたばし』終わりました♪

2011年8月23日(火)に、『2011夏 キャンドルナイトinいたばし』が終わりました♪
当日の様子はこちらにアップしております。→ http://mederublog.exblog.jp/16766401/

雑貨セレクトショップ mederu オーナーより
[PR]

# by mederu888 | 2011-08-25 18:12

陸前高田市ボランティア日記 第2弾

※明日8/23(火)は夜7:30からは21日に雨天で延期になりました『キャンドルナイトinいたばし』 を開催予定です!

息子が夏休みに親戚の家に行っている間にと、また8/16(火)の晩(世話人会が終わった後)から陸前高田市へ2回目のボランティア活動に行ってきました。
今回も明け方に着いて翌日には帰ってくるというタイトなスケジュールでしたが、作業を一日と、仮設住宅に併設されたサロンの見学もさせてもらいました。

向こうにいる間に、数回地震がありました。やはりその都度、ドキッとします。
ちょうど津波で被害に遭った工務店での作業中だったので、今津波警報が出たらどこに逃げればよいのか、と考えたり。
まだまだ余震の続く日々。被災地の方々もなかなか心が休まらないだろう、と思いました。

仮設住宅に入り、これからがまさに現実との闘いという人も少なくないと思います。
仕事も家も失った人々の中には、家のローンを抱えながらこれからの生活を考えていかなければならない人もいることでしょう。
自分にできることは何なのか…改めて考えさせられています。
その中で感じたこと…まずは忘れないことだろう、と。
被災された方々のことを思い、その苦しさを想像してみる、そして相手を思いやる、ということからだろう。

今回活動してきたボランティア作業は、津波による被害を受けた工務店での、鉄管パイプの泥とサビ落としでした。
いたばし災害支援ネットワークからの4人でチームを組み、行いました。
当日は、前回よりはまだいくらかましな暑さでしたが、それでも気温の高い日だったので、事前のオリエンテーションでは「10分に1回は休むくらいの間隔で。」と言われ、時間を計りながら取り組みました。
ついつい作業に熱中してしまうので、チームに一人はタイムキーパー役が必要です。「休憩。」の声がかかると皆汗びっしょりでした。
こびりついた泥やサビは、水で濡らして金ブラシで力を入れてゴシゴシ擦らないと取れません。
b0213409_1946488.jpg
ボランティアが来るまでは社長一人でこの作業をしていたそうで、気の遠くなる作業です。翌日もボランティアを頼まれ、いたばし組が入ったそうです。

休憩時間に、社長と奥さんが震災当日のお話をしてくださいました。(冷たい麦茶とアイスをごちそうになりました<(_ _)>)
海からは結構な距離がある所なのに波が来て、資材は全て海水に浸かってしまったそうです。でも寝たきりのおばあさんがいた母屋までは波が来ず無事だったとのことで、よかったです。
その日、親戚の子らしい小5の男の子が夏休みの宿題の工作を作りに…というよりも、工務店のプロにほぼお任せ状態で作ってもらいに来ていました。
その男の子とその子のお父さんとも少しだけお話ししたのですが、その子の自宅は津波に流され、今は仮設住宅に入っていると言っていました。そんな状況なら、夏休みの工作くらい、プロに作ってもらったって許される!と思います。
お父さんが「どこから来たんですか?」と聞いてきたので「東京の板橋区からです。」と答えると、その男の子が「父さん、そこは遠いの?」と聞いていた、その素朴さがかわいかったです。お父さんは東北なまりで「東京だ。遠い。」と短く答えていました。
あと、天然な聞き間違いをしてしまったワタクシ。
そのお父さんが「(夏休みは)今日まで。」と言ったのに私は「え?ちょんまげ?」と聞き返してしまい、お父さんは苦笑しながら、地震でしばらく学校が休みだったから夏休みが短く、明日からもう学校なのだということを説明してくれました。スミマセンでした~(>_<)

被災地の町の状況は前回からほとんど変わっていませんでした。
鉄の塊になった車の山もそのまま。
b0213409_19471593.jpg
b0213409_19472294.jpg


海に見えますが、ここには住宅が並んでいたのです。
地盤沈下で今は海のようになっています。
b0213409_19473746.jpg


今回撮った一本松。生きています。
近くまでは行けなくなっていました。
b0213409_19475114.jpg


辛くなるような景色を見ても、ボランティアが暗く沈んでいたら力が出ません。
ボランティアセンターの方々も、皆笑顔で手を振って送り出してくれます。

↓今回宿舎で一緒になった板橋からのメンバー。
b0213409_1948871.jpg

ある人が言っていました。「周りの奥様方からは、“現地は匂うらしいわよ。”“ハエがすごいんだって。”“大変らしいから行かないほうがいいわよ。”なんて散々言われたけれど、行ってみなくちゃ分からない、と思って来たの。全然匂わないし、ハエもいないじゃない。やっぱり、来てみなければ分からないことばかり。言う人たちは、自分は最初から行く気がなくて、その理由づけをしたくてアレコレ言うの。」
なるほど。前に、 “密林”を見に行く人とそうでない人のことを書いたことがあるけれど、それをちょっと思い出しました。

陸前高田市災害ボランティアセンターの冷蔵庫の上に、『いたばし災害支援ネットワーク』から送った板橋区民による折鶴の置物が飾られていました♪
b0213409_19483360.jpg
b0213409_19484027.jpg


↓今回女性陣皆で作った料理。おつまみ系4品です!キムチ奴っこと、昆布とキャベツの旨和えと、ピラフと酢の物。皆で作って食べて、合宿みたい。(合宿なのか。)
b0213409_19485696.jpg


自然に囲まれた宿舎には、夜、虫やカエルが集まってきます。窓の外にへばりついていたカエル君を激写!
b0213409_19492148.jpg
生き物がいるとホッとする。(部屋の中にいるとゾッとする時もあるけれど…。)

天然ボケをやらかしてしまったりと色々あった今回のボランティアでしたが、またいつか機会を作って行きたいな、と思います。
ただ、息子がいるとなかなか行けないので当分先になるか、夫だけが行くことになるか…。
復興までにはまだまだ年月がかかりそうですが、ボランティアセンターもいつまで存続しているか分からないそうですし、ボランティアの受け入れもいつまで続くか。
状況は刻々と変化していくのでしょうが、区内に避難されてきている被災者の方々への支援も含め、自分にできることをしていくだけですね。

雑貨セレクトショップ mederu オーナーより
[PR]

# by mederu888 | 2011-08-22 19:55